あまりの大航海

Archive [2010年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ボルドー酒場にて 11

「紙切れ。いや、そんな言い方はよくないな」と、商店主のオスカーさん。1人で頷いてます。「うん。ちゃんとした紹介状だった。きちんと封書の形をしていた」 あまりの頭の中で疑問符が飛び交います。 たばさ姉も、周りの人たちも、物問いたげに商店主のオスカーさんを見つめています。「まあ、つまり……、あれだ」酒場マスターのジュリアンさんが口を挟みます。「この人が本当に、お嬢さんのためにカタギになるつもりならと思っ...

ボルドー酒場にて 10

「それは、驚きますよねぇ」と、たばさ姉が口をはさみます。当たり前じゃない、そんなの……と、あまりが言おうとすると、商店主のオスカーさん、意外な言葉を口にします。「いや、それが驚くどころか疑問も感じなかった。ただ、あぁ、お邸の若いのが立ってるなって、ただ思っただけだった。それで、私はかまわずにずんずん近づいていった」 あまりとたばさ姉、思わずオスカーさんの顔を見上げます。「うん。あいつ―キャシーがいな...

ボルドー酒場にて 9

 だから、さらっちゃったとか。あまり、心の中でこっそりつぶやきます。だけど商店主のオスカーさん、だんだん真剣な表情になってきてまして、とても口に出しては言えません。「だから、さらっちゃったとか」と、たばさ姉です。あ、だから、たばさちゃん、ここでそんな突っ込み入れちゃだめだって! しかし、オスカーさん、あっさりと「いやいや、たしかにあの頃、私は海賊だったが、そんな乱暴なことは言わない」と、やんわりと...

ボルドー酒場にて 8

「いい人かどうかは分からないけど、立派な人ではあるらしいというのが、あいつの返答だった。パパもママも、その男を尊敬してるんだとさ」そして、オスカーさん、周りを見回します。「ただなあ、なんだか私は気になった。皆のそろっている席で、そいつは若い女性の心得みたいなものを得々としゃべるような男だったらしい」 それはなんだか、あまりも首を傾げます。「うん。そのとき、あいつがその口調をまねてな、少し笑いながら...

ボルドー酒場にて 7

 しばしの沈黙の後、オスカーさん、おもむろに口を開きます。「あれはたしか春の終わりか、夏の初めか、いつもの坂道が夕日で真っ赤に染まってたのは覚えているが」「ふむふむ」 あまりとたばさ姉、大きく相槌を打ちます。 なぜって、早く続きを聞きたいですし。「ああ、それでな……、おい、ジュリアン、もう一杯もらえるか」 酒場マスターのジュリアンさん、無言のままうなずき、ジョッキをテーブルに運びます。オスカーさん、...

左サイドMenu

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

あまり

Author:あまり
大航海時代オンラインで遊んでます
サーバー Zephyros(ゼフィロス)
国籍 ネーデルランド
所属商会 自由なる風

3女です。
このブログの主な執筆者です。
交易メインの商人で、性格的には末っ子キャラということで、はい(^^


FC2ブログランキングに参加してます。
↓ クリックして頂ければ、あまりは明日も頑張って書きます!

FC2ブログランキング

プロフィール2



長女、「りさ」
このブログのツッコミ役?
冒険職で、気まぐれに発見物を報告します

プロフィール3



次女、「たばさ」
ひたすら生産。
基本的に無口で控えめですが、たまに口を開くと、意表をつく発言が多いかも

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。